【ネパール】神々の山に抱かれた国|ナガルコットで絶景の星と朝日を。そしてポカラへ8,000m級の山々を求めて

神々の山に抱かれた国、ネパール

8,000m級の山々が連なる地球の尾根、ヒマラヤ山脈は東西2,400キロ、南北200キロという壮大な山脈です。

正直、でかいなー!!!というイメージはありましたが、8,000mて言われても想像がつきませんでした。

形もいびつだし、周りの山も高いからかな。逆に富士山が4,000mもないってのが不思議くらい。形もいいし、下から見えてるから高く見えるよ。

そんなことはさておき、世界中の山ファンが詰め掛ける山の聖地ネパール。山登りはしてませんが(当然)、山々の神秘さや美しさ、迫力は十分に感じてきましたのでご紹介致します。

 

ナガルコット|絶景のクラブ ヒマラヤ ナガルコットホテル

こちら、ナガルコットというカトマンズから少々走った高台の町にあるクラブヒマラヤホテルの屋上テラスより。

こちらのホテル最高です。清潔感も有り、非常に快適に過ごすことができます。そして、何より山々との距離も近く絶景を眺めることができます。

th_IMG_1509
周りに何もないから、山を見るにはピッタリ!!

そして、夜になると満点の星空が迎えてくれました!!

この星の数には圧倒されました。

th_IMG_1548

北斗七星もばっちし!
th_IMG_1559

そして、朝陽と山々を見るために早朝からテラスへ

th_IMG_1530 th_IMG_1594 th_IMG_1618 th_IMG_1631

国内線にて、一路200km西にあるポカラの街へ
th_DSCF4488

 

8,000m級の山々に囲まれた街ポカラ

ポカラという地名はネパール語の「ポカリ(湖)」という言葉から来ていて、その名の通り美しい湖沼群を持つ町として非常に人気のある街です。

温暖な気候、ポカラはカトマンズの西約200kmの町。標高が低いこともあり、1月末のこの日の気温は25度と夏日に。標高の低いこの町から、7〜8000m級のアンナプルナ山郡を望むことができるのが特徴。またこの街はトレッキングや、アウトドアアクティビティが盛んで人気な町でもあります。

そして、この町の象徴はマチャプチャレ6,993m!

形がきれいな三角形でなんとも美しい!スイスのマッターホルンを彷彿とさせるその様。

th_IMG_1641

ここでは、サランコットの丘という景色のいい展望台を目指してひた歩きました。

サランコットの丘

ポカラにある標高1,592mのヒマラヤの展望地

途中までは車で上ることができます。そこからさらに30分ほど急な階段や坂道を徒歩で登っていきます。

th_IMG_156

アンナプルナの山々のパノラマがどんどんと近づいてきます。
th_IMG_1643

th_IMG_1637 th_IMG_1673 

こんなとこに。

th_IMG_1675

 

そして、到着ー!!!!!!!! 

 

th_IMG_1679 

迫力のパノラマ!

th_IMG_1684 th_IMG_1685 th_IMG_1688 th_IMG_1705 th_IMG_1716

 夕日もめちゃくちゃ綺麗でした。

th_IMG_1724 

夕日に照らせれピンク色に染まるアンナプルナの山々の姿がなんとも印象的

th_IMG_1733 th_IMG_1744 th_IMG_1745

 

 

なんて、美しいんだろうか。

 

いつまでも見てられる景色でした。

 

なんだか、山に上りたくなっちゃう気分もわからんでもないですね。

 

 

 

 

この記事が気に入ったらSHARE

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEで送る
Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


shares