【ノルウェー/オスロ】美しき北欧ノルウェーの首都オスロをぶらぶらと


 

北欧周遊にやって参りました!

 

夏の北欧はやはりテンションがあがります! 長い長い冬を抜け出し、迎えたこのシーズン。国全体、街全体が活気付きまるで違った印象を受けます。

冬は日照時間が極端に短く、暗い暗い憂鬱な日々が続きます。
北部へ行くと、11時日の出の13時日の入りなんてのもありました。。
冬には冬の楽しみ方(まぁ、オーロラ)もあるのですが、やっぱり雰囲気がいいのは夏です!

冬のノルウェー→http://www.playearth10.com/archives/8153

夏になると、日照時間も非常に長くなり、ちょうど旅が始まる6月23日は夏至の日だったので、今はこのオスロでも夜11時に日が沈み、3時ぐらいから夜明けを迎える感じです。
いい天気の日は1日外で遊べます(笑)
なので、寝るときはカーテンを閉めて部屋をあえて暗くして寝ます。

さて、ノルウェーは首都オスロです。
ここ北欧の物価の高さは承知の上ですが、やっぱり高過ぎます。
福祉国家としても、有名ですが、ここノルウェーにおいては消費税は12~25%

世界の消費税率ランキング!日本は本当に低いの? – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133545150938873201

ノルウェーはまだ、食料品は12%なので、ましな方でデンマークだと一律25%。。(笑)

コーラが大体、20NOK(クローネ) = 320円 1NOK=16円(2015年6月現在 )

水でも、15NOK(クローネ) = 240円

となります。。何も買う気がなくなる。。(苦笑)

さてさて、そんな金のことよりも、この国含め北欧には素晴らしい所がたくさんございます。

まずは、ノルウェーは首都オスロより。

 

芸術の街オスロ

 

オスロ一の目抜き通り、カールヨハンス通り

カフェやレストラン、ショップがずらりと並びます。th_DSC05087

th_DSC05098

th_DSC05107

th_DSC05100

th_DSC05102

オスロ一有名なホテルであろう、グランドホテル

毎年行われるノーベル平和賞の受賞者が必ず宿泊するホテルとしても知られています。

th_DSC05101

警察も洒落ておる。th_DSC05095

国立劇場

観劇は夏にはやらないとのこと。寒くて暗くてやることのない冬に開かれるんだとさ。なんだか納得。th_DSC05096

平和賞授賞式が開かれる市庁舎

th_DSC04591

内部は美術館の様。th_DSC05090

th_DSC05093

 

 

オスロ郊外のフログネル公園

彫刻公園こと、フログネル公園には、たくさんの面白い銅像や、121人の彫刻で形成される人間の塔などが立ち、芸術の都を象徴するような公園となっております。

th_DSC04595

th_DSC04602

th_DSC04603

th_DSC04604

th_DSC04605

一番人気の怒りん坊th_DSC04612

th_DSC04609

th_DSC04629 

121人の老若男女の人間が絡まって立つ「人間の塔」th_DSC04634

th_DSC04635

th_DSC04636

 

などなど、首都オスロには魅力溢れる観光スポットが点在しております。

また、国立美術館にはあの有名な「ムンクの叫び」が展示されております。芸術好きの方にもピッタリの街となっております。

 

参照:

●ノルウェー政府観光局:http://www.visitscandinavia.org/ja/Japan/Norway/Oslo/

この記事が気に入ったらSHARE

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEで送る
Pocket

コメントを残す