インド紀行 Ⅱ ~失われた3月3日~ 3


【インド一人旅シリーズ】

 
消えた3月3日

 
恐ろしい。
いやあ恐ろしい。
インドを舐めていた。
別に騙されたわけでも、強盗にあったわけでもありません。
でも、一つ奪われたものがあります。
それは、3月3日という一日です。
振り返れば、3月2日、午後8時10分発のニューデリー発バラナシ行きの電車に乗るはずであった。
それが、ふと2時間ほど前にプラットホームの表示を見てみると、なんと00:20発に遅れている。
まあこれがインドの洗礼かと思いしょうがなしに時間を潰していた。
さて、00時手前にやっとこさと駅へ行ってみると、なぜか01:30発に変更されている。
まじか。。
もはやこの時点で、5時間半ほど電車遅れとる。。
まあ切り替えが大事ということで、無事に電車も来てくれたことやしと電車に乗り込む。
予定通りなら午前7時に着くはず。やし、5時間半遅れとして単純計算して昼の1時ぐらいにはバラナシやと思ってた。
甘かった。
いつになっても着く気配がない。
いや、実際には着いたかどうかも自分自身じゃ確認できひん。もちろんアナウンスもなし。
電車のおっちゃんに聞いても、まだみたいな感じ。

 
2時

 
3時

 

 

4時

 

 

 

 
一向に着かない。
同じ部屋のインド人のおっちゃんに聞き倒したところ、おれの予想では7時に着くって。
いやー6時間もどうやったら遅れんねん!!
なんやかんや時間を潰してる間にまた寝てもうた。
起きたらなんと8時!!!
うわっやってもーた!背筋が凍り付いた。絶対、寝過ごしたわ!思った。
インド人のおっちゃんに慌てて聞くと、どうやらまだのよう。
すると、衝撃の一言「たぶん11時ぐらいなるわ。ハッハッハー。」
いや、わろてる場合ちゃうし!笑
こっち泣きそうやし。
まず、食糧をなにひとつ買い込んでなくて、腹ぺこで死にそう。
そして、いつ着くかわからん恐怖と闘いながらの睡眠。
周りにインド人しかいいひんというつまらん空間。
いやあ地獄やったな。
でも、これがまだ着きません。
おれが死にそうな顔で寝てたら、インド人がカップラーメンくれた!
インド人の優しさに泣きそうなった。
でも、そんなことは関係なしに電車は到着しない。
しまいに、2回目の就寝タイムがやってきて、みんな寝だした。
いやいやーだれか教えてくれな、おれぜったい分からんてー!!!
そんな恐怖から電車が泊まるたびに2段ベッドの上から飛び降りて、外を確認。
まあ見たってわからんけど。
走行してる間に12時をマワル。
1時半を過ぎ、これで24時間経過。。。
もう、バラナシの駅なんてないんやわ。そう思えてきた。
ころ、部屋の電気が急に付いて、インド人がオレを起こしてくれた!!!!
着いたーーー!!!!!

 

深夜02:30

 

乗車時間25時間

 
待ち時間合わせて、30時間強
この電車に時間を奪われた。
気がつけば日付は3月4日。
おれの3月3日が~~~~~
しかも、02:30に駅着かれてもどうしようもないし~~~~!!!
鮮烈なインド鉄道デビュー
でも、あのインド人のおっちゃんにはホンマ感謝。

長々とありがとうございました。

この記事が気に入ったらSHARE

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

3 thoughts on “インド紀行 Ⅱ ~失われた3月3日~

  • 南●ゃん

    SECRET: 0
    PASS:
    もうこーいう記事をみると、海外って恐ろしやって思います(>_<)でも、そんな状況下すらも切り抜ける橋氏はやはり恐ろしい。笑
     30時間電車て考えたら、夜行バスの6時間とかへのかっぱだね。

  • Lionel.Hassi

    SECRET: 0
    PASS:
    >南●ゃんさん
    いゃ、まじで精神崩壊するか思いましたわ!笑
    ほんま6時間とかへのかっぱすぎる!
    てか、800kmの移動に25時間とか頭おかしい。新幹線みたいに200km以上で走れば4時間あれば着くのに!笑