【バルト3国】中世の雰囲気とモダンな文化、エストニアの首都タリン

バルト3国、一番北の国
エストニアの首都タリン

まだまだ日本人観光客にとっては、馴染みの薄いバルト3国。
上から順番にエストニア、ラトビア、リトアニアと並んでおります。
各国、それぞれ特徴があれど、共通しているのは昔から周辺を強国に囲まれており、北はスウェーデン、東にはソ連、西にはドイツが君臨しておりました。

これらの間に挟まれたバルト3国は幾度となく、戦場と化し、支配する国がコロコロと変わって来るという悲惨な運命を
受け入れなければいけませんでした。
そんな運命を不屈の精神で乗り越え培ってきたバルト3国の街では、不幸中の幸いにも様々な国の文化が織りなし、今現代に生きる素晴らしい町並みをご覧頂くことができます。

こと、エストニアの首都タリンに関しても同じく、デンマークやドイツ、ロシアと入れ替わり立ち代わりで街の支配者も変わってきたこともあり、街の雰囲気もそれぞれの特色が混ざりあったような雰囲気。
フィンランドの首都ヘルシンキとも海を挟みほど近く(フェリーで約2時間)、北欧のような文化も随所に見られます。

中世の雰囲気を保ちつつ、モダンでオシャレなタリンはバルト3国の首都の中でも一番華やかでにぎわいがあるように思います。

タリン/Talllin

ホテルのルーフトップバーより/Radisson blu sky
th_DSC00851

タリンは大きく、支配者や聖職者が住んで来た山の手と呼ばれる高台
職人や商売人が住んで来た下町に分けられます。
日本のお城と城下町のような感じでしょうか。
resource

旧市街城壁跡の塔の名残/ノッポのヘルマン
th_DSC00906

帝政ロシアの名残/アレクサンドルネフスキー教会
th_DSC00910

トーンペアの丘より、下街の様子
th_IMG_7512

th_DSC00918

th_DSC00917

統一感のある美しい街並
th_DSC00933

山の手から、下町へ降りていく
th_DSC00939

th_DSC00902

聖ニコラス教会
th_DSC00897

th_DSC00892

th_DSC00891

美しい町並み
th_DSC00889

北欧チックなモダンなカフェやレストランも立ち並びます
th_DSC00888

中央広場のラエコヤ広場
街中で一番賑わうところです。
th_DSC00882

th_DSC00880

旧市庁舎
th_DSC00879

th_DSC00877

th_DSC00876

th_DSC00874

th_DSC00861

th_DSC00859

th_DSC00858

th_DSC00856

最後に再びホテルより
th_IMG_7517

 

 

前回、寒さが残る春先に行ったときとは、随分雰囲気も違ってました。

やっぱり、夏の方が街中も活気づいているし、雰囲気が良いですね。

秋のしっとりした落ち着いた感じも好きですが、夏の雰囲気もこの時期にしか味わえないヨーロッパらしさがあるように思います。

タリンは、ヘルシンキとも近いということもあるので、このおしゃれな2都市を巡る旅も十分におもしろいなと感じました。

タリンの情報取得に便利なタリン観光局↓日本語で非常に分かりやすいです。
http://www.tourism.tallinn.ee/jp

[browser-shot width=”600″ url=”http://www.tourism.tallinn.ee/jp”]

この記事が気に入ったらSHARE

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

shares