【世界一周・イースター島】ついにやってきたー!謎多きモアイ像を抱く絶景の孤島イースター島! 1


お久しぶりです!そんなこともないか。

さってさて、前回のスペインの首都マドリッドからイベリア航空にて13時間。

チリの首都サンティアゴに到着。

サンティアゴで乗り継ぎの関係から一泊して次の日LAN航空に乗ること更に5時間半!!

blog_import_4f103051655a1

ついについについにやってきましたーーー

モアイ像の聖地イースター島

ひゃほおおおおおおおおい!!!!!!!!!

宿の人がお迎えに来てくれ、花飾りを頂きました。

 

僕らの宿「ハレ・カポネ」

もう一人の仲間を加え、僕ら3人でコテージみたいな家を貸切状態。

もう一人の仲間を加え、僕ら3人でコテージみたいな家を貸切状態。

こちらは安心の日本人オーナーさんの宿です。

なんと、1人一泊10000ペソ=$20 (2010.10 現在)

※2016.10 加筆時点でいかのようになっております。

【ご宿泊料金】
【2016年12月31日までにチェックインされるお客様】
1泊~2泊まで(お一人様)12,000チリペソ/泊
3泊~6泊まで(お一人様) 9,000チリペソ/泊
   7泊以上(お一人様)8,500チリペソ/泊

【2017年1月1日以降にチェックインされるお客様】
1泊~2泊まで(お一人様)12,000チリペソ/泊
3泊~6泊まで(お一人様) 9,500チリペソ/泊
   7泊以上(お一人様)9,000チリペソ/泊

 

ハレ・カポネ・Hare Kapone

Hare Kaponeは日本人専用の日本人宿で、お客様だけで一軒家をシェアするタイプのドミトリーです。最大で8名様までと小さい宿になっています。3か月前よりご予約をお受けしていますので、ご予約はお早目にどうぞ。当宿は立地もよく、メインストリートまで30秒ほどです。近くにはミニマーケット、ツアー会社、レストラン、レンタカーなどがあり、村内どこに行くのにも便利です。

 

いやーついに来ましたな!もう地球の裏側!日本の裏!孤島も孤島。一番近くの人が住んでる島まで約2000km!
広ーーーーーーい太平洋にぽつんと浮かぶ節がな島!!!!

 

そして、なんといってもこのイースター島の目的はモアイ像

一生に一回は見ないと!!!

てことで、早速モアイ探しへ!ぼくらはレンタカー借りました。

<メモ>レンタカー(ミッション)|48時間 $110

 

電車はもちろんバスもないし、やっぱこの島はレンタルするのが一番!

レンタカーは国際免許証はなくてもいけたけど、なぜか原チャは日本の免許証じゃ無理やった。

これは、借りる店によるのかな?そもそも警察いるの?って感じだけど。

走ってみた結果、道がデッコボコすぎて原チャじゃきついかも。。

 

ちなみに、イースター島の物価は異常に高く日本の3倍くらい!笑

まぁ、この絶海の孤島具合も見れば、理由もわかりますが。

イースター島に行く時は是非、フライト前にサンティアゴで買い出ししていったほうがよさげです。

 

さぁ、とにもかくにもモアイ探しの旅へ!!!

沖縄みたいな雰囲気

沖縄みたいな雰囲気

思えば遠くまできたもんや。。

 

 

と、浸っていると、、

 

発見~!!!!

 

寝てるーーー!!!!!!

blog_import_4f1030554d156blog_import_4f1030563e9ed

 

そーかそーか昼寝やな。(何百万年も前にモアイ倒し戦争があったそうな。)

なかなか起きてるモアイは見つからず。

ついには馬に行く手を阻まれ。

 

どいてくれー!!!笑

blog_import_4f103056c103e

けっきょくこいつらがここを動くことはなかった。

気を取り直し、進んで行くと~~

 

発見~~~!!!!!

 

これぞ、ザ・モアイ!

 

15体のモアイ像と一匹。

blog_import_4f10305745c8f

なんとこのモアイ像日本のクレーン会社が立て直したんだと。

いやーやるなージャパニーズテクノロジー!!

こいつだけ帽子かぶってる。

こいつだけ帽子かぶってる。

blog_import_4f10306ba5f64

 
The blue sky!!

そら、テンション上がってこんなことしてしまうわ。

そら、テンション上がってこんなことしてしまうわ。

blog_import_4f10306499106

翌日は朝日を見物。

blog_import_4f10306ee8291

曇ってるー!!!でも,いい感じ。15体の精鋭

blog_import_4f1030719a2c2blog_import_4f1030770d3a9

 

ところかわって美しいビーチ

blog_import_4f103078d20e7

めちゃくちゃ透明度が高い

やしの実を見つけたたきわる原始人(相棒)。と、見かねてやってきた掃除のおっちゃん。

blog_import_4f10307a4045fblog_import_4f10307ac7669

 

割れたー!頂きます!

全然味はなかったと記憶している。。

blog_import_4f10307b3fe73blog_import_4f10307ca2210

こちらはモアイを製造していた小高い丘

ユネスコ・世界遺産|ラパ・ヌイ国立公園

入場料*$60もする!皆既日食があった日ぐらいから急に値上げしたらしい。しかも少し前まで$10だったみたいで。これからぐんぐんあがるかもな~

ここにはモアイがゴロゴロ転がってる。

(*2016.10月現在も同額でした)

 

blog_import_4f10307d3fc9bblog_import_4f10307d9fba6blog_import_4f10307ec5a10blog_import_4f1030805a8e4

 
驚くべきはこいつ!!!

blog_import_4f103080d35ac

正座しとるやないか!!!

Why!?

こんな孤島になぜ、アジア文化の正座のモアイがあるのか。それは未だに研究でも分かってないそうです。

大体ひとがなんでこんな島に住んでいたのかもさえ謎らしい。うーんなぞだらけのイースター島。

blog_import_4f10308004991

ちなみにイースター島では、モアイめぐりの他にもダイビングやサーフィンもできます。

なんと、海の底にもモアイが沈んでるらしい!ロマンに溢れてるな~。

実は、この旅2回目のサーフィンもやってきました~。

寒すぎて体の震え泊まらんくて早々にリタイアしたけど!笑

まーなにはともあれ、この島はホンマに素敵やったなー!!!一生の思い出になりそうなトリップでした。

 

この記事が気に入ったらSHARE

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

One thought on “【世界一周・イースター島】ついにやってきたー!謎多きモアイ像を抱く絶景の孤島イースター島!