【写真多数】LEGOLAND®Japanに潜入!ひたすらLEGO®な写真でオープン前のパーク内を紹介します



【2017年4月1日 OPEN】日本初上陸、レゴのテーマパーク
LEGOLAND®・Japanに潜入

 

去る3月3日に関係者向けのプレビューデーが開催され、オープンまで1ヶ月を切ったLEGOLAND®Japanに潜入してきましたのでご紹介をさせて頂きます。

LEGOLAND®Japanとは

2017年4月1日オープンのLEGOLAND®Japanは、2歳から12歳のお子様とそのご家族が1日を思いきり楽しめるテーマパークです。家族みんなで乗り物に乗ったり、レゴ®モデルに触れたり作ったりと、レゴブロックの世界観をテーマにしたインタラクティブな冒険型アトラクションがいっぱいです。 40を超える乗り物、ショー、アトラクション
1日を通して家族みんなであそべるテーマパーク
1年中楽しめる、屋外型アトラクション
テーマの異なる7つのエリア
パーク内で1,700万個のレゴブロックと10,000のレゴモデルを使用
LEGOLAND®Japan

2017年4月1日、レゴブロックの世界観を体験できるテーマパークが名古屋市にオープン致します。現在、レゴランドは海外(デンマークのビルンやイギリスのウィンザー、アメリカのカリフォルニア、昨年オープンしたドバイなど)にて世界6カ国7箇所に展開。日本は8箇所目の開設となります。

こちらはパーク内のMap

map

パークMap 出典:LEGOLAND®Japan

 

屋外型のテーマパークとあってさまざまな乗り物やショーアトラクション、シネマ、ショップ、レストラン、カフェなどワクワクするような施設がいっぱい。それぞれ異なった7つのテーマエリアで構成されています。お子様の年齢等に合わせてプランを組んでみると良いかもしれません。

今回のタイミングでは、このMapに掲載の数々のアトラクションのうち6〜7割?が公開され実際に見学・体験なども可能でしたので、そのあたりをどどーっと写真でお届けします。レゴ好きの方がいくと悶絶級の可愛さで、子どもたちにとっては夢のような世界観に仕上がっているように思います(えらそうw)

 

それでは、3・2・1 LEGO〜!(レゴランドの掛け声)

 

まず、はじめに目に飛び込むテンションダダ上がりな入場ゲート

テンションダダ上がりなエントランス

自由にあそぼう!自由につくろう!ブリックトピア エリア

LEGOLAND®にはじめて登場するBricktopia(ブリックトピア)は、レゴ®ブロックを使って想像力を自由に発揮させる場所。車を作ってレースに参加したり、Brick Party(ブリック・パーティー)や、Imagination Celebration(イマジネーション・セレブレーション)でくるくるまわって楽しもう。LEGOLAND®Japan

DSC00489

レゴの世界観がすごい。。

この恐竜、全てレゴブロックでできてます。

DSC00383

小さいころに遊んだ人も多いであろうあの小さなブロック。これ全て、手作業で作ってるんですよ。。考えられないw

イメージ

イメージ

DSC00477

 

こちらはサンドウィッチの食べられるカフェ “ファクトリー・サンドウィッチ・カンパニー”

向こうには、パークのシンボル“オブザベーション・タワー”も見えています。円盤部分に乗ってタワーを登れそうです。このときはまだ登れませんでした。

DSC00392

カフェ内部もレゴ感満載

IMG_7660

レゴブロックの製造過程が見学できる“レゴ®・ファクトリー・ツアー”はまだ非公開でした。

DSC00481

 

レゴの世界観満載のメリーゴーランド“BRICK PARTY”

IMG_7667

 

人気アニメ NINJAGOのシアター “LEGO®NINJAGO LIVE”

内容は控えますが、このショーは大人でも見入っちゃいますよ。

DSC00402

 

ドキドキいっぱいの大冒険!アドベンチャー エリア

ここでは若い探検家のきみたちを、大冒険が待ちかまえているよ。レゴ®ダイバーの一員になって、家族みんなで神秘的なSubmarine Adventure(サブマリン・アドベンチャー)へ乗りこもう!ファラオの盗まれた宝物をさがすため、大昔の寺院の遺跡へ探検に出発だ!LEGOLAND®Japan

テレビでも注目されていた “SUBMARINE ADVENTURE”

DSC00410

 

潜水艦に乗って、まるで水族館の中を進んでいく恐らく一番人気になるであろうアトラクション。レゴモデルがいっぱいの世界に本物の魚たちが泳いでいるという夢のような世界を味わうことができます。内部の雰囲気はレゴランド・ドバイのYoutubeを貼り付けてみますので、ご参考にしてみてください。

水上バイクのような乗り物に乗車して疾走する“スクイッド・サーファー”

DSC00417

ここにもおもしろそうな未公開のアトラクション が2つ。“ロスト・キングダム・アドベンチャー”“シークレット・チャンバー・オブ・アムセトラ”。めちゃくちゃ気になるなー!!!!!w

DSC00423

もはや、この完成度は恐ろしい。。

DSC00420

 

みんなで運転やレスキューに挑戦!レゴ®・シティ エリア

レゴ®シティで築き上げるのは、ブロックではなく決断とチームワーク。Driving School(ドライビング・スクール)では、車の運転を学んで、LEGOLAND®公式のドライバーズライセンスをもらおう。この楽しいまちでは、飛行機を飛ばしたり、ボートを操縦したり、消防士になって燃えているビルを救うこともできるよ。LEGOLAND®Japan

DSC00445

子どもたちが夢中になって運転できるゴーカート“ドライビングスクール”

DSC00432

世界観がレゴシティシリーズそのまま。

DSC00435

お隣には、小さなお子さまでも遊べそうなジュニア・ドライビング・スクールもありました。

DSC00430

DSC00442

 

ドラゴンが住むお城にようこそ!ナイト・キングダム

ゲートをくぐると、そこは中世の世界。ワクワクするThe Dragon(ザ・ドラゴン)に乗って、王様のお城を駆け抜けよう。まだ小さいナイトやプリンセスのきみたちは、Dragon’s Apprentice(ドラゴンズ・アプレンティス)で楽しい訓練にチャレンジだ!LEGOLAND®Japan

DSC00459

DSC00452

DSC00453

ジェットコースターだってありますよ。

小さなお子様でも楽しめそうな短めのコースターと大人でも楽しめそうな2種類のジェットコースターがあります。

DSC00461

 

 

スリル満点の海ぞく船にのりこもう!パイレーツ・ショア エリア

サメがうようよしている海にガレオン船をこぎ出して、Splash Battle(スプラッシュ・バトル)で海賊たちと水鉄砲で戦おう。ゆらゆら揺れうごく海賊船のAnchor’s Away(アンカーズ・アウェイ)では、うまくバランスとれるかな?LEGOLAND®Japan

DSC00463

 

海ぞく船に乗り込んで水鉄砲をうちまくることができる“スプラッシュ・バトル”

船からも、柵の外側からも水鉄砲をうてるので、もうビシャビシャ覚悟のアトラクションですこれw

DSC00472

DSC00475

DSC00473

 

そして、最後に一番楽しみにしていたエリア

日本の名所をレゴ®ブロックで!ミニランド

東京,大阪,京都,そして名古屋。たった1日ですべてが見られるのは世界中でもここだけ。驚くような景色やまちなみを10,496,352個のレゴ®ブロックで再現しているよ! LEGOLAND®Japan

 

。。。。

 

 

残念ながら、まだ非公開でした。

絶対、また見に来よう。

 

というわけで、ざっくりとこんな雰囲気ということは伝わりましたでしょうか。

ご紹介したのは、ほんの一部でまだまだ魅力たっぷりのアトラクションなどがいっぱいあります。そして、アトラクションだけではなく園内至る所に溢れるレゴの世界観がすごすぎます。これだけを見に来るだけでも価値があるように思う。

悲しいことに子どもの頃の純粋な心は99%失ってしまいましたが、それでもここにいるとひたすらにワクワク感を感じます。

子どもたちの目には、どんな風に写っているんだろうな。

DSC00429

DSC00436

DSC00456

DSC00394

DSC00397

DSC00426

 

こちらの入場ゲート横の表看板にもあるように、2018年にはレゴランドと同グループの運営による世界最大級の水族館グループ “SEA LIFE 水族館”が、そしてそしてレゴランドの世界をそのままに宿泊滞在できる“LEGOLAND® HOTEL”もOPEN予定とこれから益々名古屋、日本のテーマパーク業界をおもしろくしてくれそうです。

(イギリス・ウィンザーのレゴランド・ホテルに泊まったときの様子→LEGO好きには堪らない!いたるところがレゴだらけなレゴランドホテルが凄すぎる

DSC00499

 

東京にはディズニー、大阪にはUSJ、そして名古屋にはレゴランドとそれぞれ特色の異なるテーマパークが運営され、それぞれ異なる体験を味わうことができます。

このテーマパークの主役はあくまで子どもたちとその家族です。なので、USJのような絶叫マシンや派手なライドを期待している方には正直物足りなさがあるかと思います。敷地面積やアトラクションの派手さだけで比較しオープン前から入場料金についていろいろ意見もあったりするみたいですが、レゴブロック自体、知的玩具の要素も備えておりレゴランドではアトラクションなどの楽しみの他にも、ワークショップが開かれたり、ブロックで車を作って走らせてみたりと子どもたちが想像力を膨らませながら創造するというまた違った側面の魅力も詰まっています。

ショップもたくさんあるので、必然とお土産やお子さんからのオネダリも増えてしまいお父さん・お母さんは大変でしょうが(笑)

オープンが刻々と迫っているLEGOLAND®Japan。

ぜひ、日本初上陸の全く新しいテーマパークへ足を運んでみてください。

 


チケット料金

*2017年3月現在の正規料金。料金、チケット内容は今後予告なく改定される可能性もありますので、必ず公式サイトにてご確認ください。

区分 おとな(13歳以上) こども(3〜12歳)*2歳以下無料
1DAYパスポート(入園日指定) 6,900円(税込) 5,300円(税込)
年間パスポート 17,300円(税込)  13,300円(税込)

●リンク:チケットについてよくある質問

●ご購入は公式サイトからどうぞ

 

アクセス情報

気になる場所は、名古屋駅から電車1本でアクセス可能な金城ふ頭駅。車だと伊勢湾岸自動車道名港中央ICを利用。

尚、電車の場合3月末から「あおなみ線」(名古屋ー金城ふ頭)間にてノンストップのレゴランドのラッピング車両が運行開始されます。

その他、セントレア中部国際空港や名古屋港水族館、同じく湾岸線沿いの長島温泉などを結ぶバス路線も開設されるようです。

●リンク:パークについてよくある質問集

その他、詳しい情報は公式ホームページよりご確認くださいませ。

 

LEGOLAND®Japan 公式ホームページ

 

 

この記事が気に入ったらSHARE

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEで送る
Pocket

コメントを残す